総量規制の影響と基準

銀行カードローン比較※金利や審査基準

2010年6月に施行された総量規制により、借入可能額が制限されるようになりました。

銀行カードローンTOP > 総量規制

総量規制とは

総量規制とは、借り手の年収に基づいて融資限度額を設定する制度のことです。

これまで、カードローンの融資額は年収に関係せず、主婦やパート、アルバイトの方でも多額の借入を行うことが可能となっていました。

しかし、年収に見合わない多額の借入を行った結果、返済が苦しくなり、カードローン破産する方が年々増加する傾向にありました。

そこで、年収によって借入額が制限される総量規制が2010年6月に完全施行され、現在はカードローンに一定の制限が課せられています。

総量規制による影響

総量規制によって変化した点は主に以下の3つとなります。

1.年収の3分の1以上の借入ができない

総量規制の施行以降は、年収(税引き前)の3分の1以上の借入ができなくなりました。

つまり、年収300万円の方は100万円を超える借入ができません

2.追加の借り入れを制限

総量規制前に年収の3分の1以上の借入を行い、総量規制後も年収の3分の1以上の借入がある場合、追加で借入を行うことができなくなりました。

たとえば、年収300万円の方が150万円の借入を行っている場合、借り入れ合計が100万円以下になるまでは、追加で借り入れることができません

3.無収入の方は書類提出が必要

これまでは、本人に収入がない場合でも、配偶者に一定の収入があれば一定額を借り入れることが可能でした。

しかし、総量規制後は、本人が無収入の場合、収入のある配偶者の同意書のほか、住民票や戸籍抄本など婚姻関係を証明する書類を提出することが義務づけられました。

これにより、配偶者に内密で借り入れるということができなくなっています

総量規制の基準

2010年6月の総量規制により、これまで自由に借り入れて生活してきた方には大幅な制限が敷かれることになりました。

しかし、総量規制の対象基準は、消費者金融・信販会社・クレジット会社・事業者金融会社など、いわゆる貸金業者からの借り入れに限られています。

つまり、銀行カードローンによる借入は総量規制の対象外なのです。

銀行カードローンは貸金業者に比べると審査が厳しいというネックはありますが、金利が低い、融資額が大きいというメリットがあります。

ただ、銀行カードローンの中には、年収による申し込み制限を設けているところもありますので、事前に申し込み条件を確認しておきましょう。

プロミス プロミス公式サイト

プロミスなら来店不要、24h申込OK!コンビニでもご利用可能。
cyber.promise.co.jp

アコム公式サイト

アコム金利3.0%-18.0% 安心・便利で、審査もスピーディー!
www.acom.co.jp

楽天銀行カードローン 公式

限度額100万円以下は原則収入証明書 不要!楽天IDで簡単申込
www.rakuten-bank.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 銀行カードローン比較※金利や審査基準 All Rights Reserved.