契約前に準備するもの

銀行カードローン比較※金利や審査基準

銀行カードローンの契約には、本人確認証類や収入証明書などが必要になります。

銀行カードローンTOP > 準備

銀行カードローンを申し込む前に

銀行カードローンの多くはネット上から簡単に申し込むことができます。

ただ、実際に入会するには必要事項を記入するだけでなく、さまざまな書類を準備しておく必要があります。

必要書類がすべてそろうまではカードローンで融資を受けることができませんので、スムーズに手続きを済ませるためには、あらかじめ必要書類を手元に準備しておくとよいでしょう。

必要書類はすぐに準備できるものがほとんどですが、手元にない場合は取り寄せなければならないこともあるので、余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

契約前に準備するもの

銀行カードローンを申し込む際に必要な書類は金融機関ごとに異なる場合がありますが、おおむね以下の2つとなります。

まず、本人であることを証明できるもの。これはどの銀行でも必須条件となります。

具体的には、健康保険証や運転免許証、パスポートなどが必要です。現物である必要はないので、コンビニなどで写しを取っておきましょう。

次に、所得を証明できるもの。少額融資(50万円以下)であれば必要ないところもありますが、50万円を超える融資を受けるのであれば、ほとんどのところで所得証明が必要です。

所得を証明する書類としては、源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、確定申告書などが挙げられます。

これらが手元にない場合は、居住地の市区町村が発行する所得証明書を手に入れる必要があります。

未納・滞納の確認

銀行カードローンの契約前に必要なものは以上となります。あとは、後日郵送されてくる申込書に必要事項を記入し、印鑑を押してポストに投函するだけです。

ただ、契約前に確認しておきたい事項として、公共料金などの未納・滞納の有無があります。

電気代や携帯電話料金などを未納・滞納したまま放置していると、審査の段階で返済能力が低いと判断され、落とされてしまう可能性があります。

よって、銀行カードローンに申し込む前に、未納・滞納の料金がないかどうかしっかり確認し、身辺を整理してから申し込むようにしましょう。

プロミス プロミス公式サイト

プロミスなら来店不要、24h申込OK!コンビニでもご利用可能。
cyber.promise.co.jp

アコム公式サイト

アコム金利3.0%-18.0% 安心・便利で、審査もスピーディー!
www.acom.co.jp

楽天銀行カードローン 公式

限度額100万円以下は原則収入証明書 不要!楽天IDで簡単申込
www.rakuten-bank.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 銀行カードローン比較※金利や審査基準 All Rights Reserved.