ブラックにならない方法

銀行カードローン比較※金利や審査基準

ブラックになってしまうと、銀行カードローンの審査に受かりにくくなってしまいます。

銀行カードローンTOP > ブラック

ブラックとは?

銀行カードローンを申し込む際、金融機関の一定の基準のもと、審査を受けることになります。

審査対象は年齢や年収、職業などいろいろな要素に及びますが、ブラックになってしまうと、他の条件をみたしていても、審査を通過することが難しくなります。

ブラックになったかどうかは金融機関が共有している信用情報でチェックできるので、ブラックで審査に落ちてしまった場合、他のカードローンを申し込んでも審査を通らない可能性が高いと言えるでしょう。

ブラックの種類

ブラックと一言にいっても、その種類は2通りに分かれます。

1つは、返済遅延などのトラブルをたびたび繰り返した場合の『ブラック』。

別名ブラックリストとも呼ばれており、返済遅延を繰り返したり、3ヶ月以上滞納したり、債務整理などをするとブラックと認定されます。

一方、1ヶ月以内に3社以上のカードローン審査を申し込んだ場合、『申し込みブラック』になってしまいます。

申し込みブラックは通常のブラックとは異なり、直接トラブルを起こしたわけではないものの、短期間に数社に申し込む=資金がなくて困っていると判断されてしまいます。

ブラックにならない方法

通常のブラックの場合、ほぼ100%の確率で審査に落とされてしまいます。

また、申し込みブラックの場合も、ブラックほどではないにしろ、審査で不利となり、カードローンの入会が困難となります。

ただ、申し込みブラックの場合、短期間に複数のカードローンに申し込まなければ容易に回避することができます。

具体的には、1ヶ月以内に3社を超える銀行カードローンに申し込まないよう注意した方がよいでしょう。

ちなみに、一度審査に落ちたカードローンでも、再度審査を受けることは可能です。

ただし、半年間は審査に落ちたという記録が残っているため、再度申し込むのは半年経ってから行うようにしましょう。

プロミス プロミス公式サイト

プロミスなら来店不要、24h申込OK!コンビニでもご利用可能。
cyber.promise.co.jp

アコム公式サイト

アコム金利3.0%-18.0% 安心・便利で、審査もスピーディー!
www.acom.co.jp

楽天銀行カードローン 公式

限度額100万円以下は原則収入証明書 不要!楽天IDで簡単申込
www.rakuten-bank.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 銀行カードローン比較※金利や審査基準 All Rights Reserved.